妊娠線はなぜできる?

妊娠線が出来る根本原因は、皮膚が伸ばされ耐え切れなくなる事に理由があります。つまり、妊娠でお腹が成長する時期を始めとして、肥満進行時や体の成長期にも発生します。

原因は、急激に皮膚が伸ばされる事にありますが、皮膚の柔軟性が低下した場合にも発生します。妊娠線は、皮膚を柔軟に保つ、あるいは肥満を予防する事で原因を遠ざける事が出来ます。妊娠の場合は、赤ちゃんの成長によるお腹の膨らみは避けられない避けられないので、柔軟性を重視して対応します。

早めの段階であれば、目立つ妊娠線を作らない回避が行えるので、早期の対処が出産後の状態を左右します。問題には必ず原因があるので、これを知る事によって対策を行うヒントを得たり、症状が発生した場合の治療を行う事が出来ます。

妊娠線の原因と予防方法

お腹の膨らみと皮膚の柔軟性低下で発生する妊娠線は、幾つかの解消法が存在します。一つは、マッサージを行い皮膚を柔らかく保つ事です。適度なマッサージは、血流を促す事によって、柔軟な状態を維持する事が出来ます。また、妊娠線に対応するクリームを使えば、更にマッサージ効果を引き出す相乗効果が得られます。浸透力を発揮するクリームは、成分が引き伸ばされる皮膚に浸透するので、内側からマッサージ効果を高めます。その他には、オイルを使ったマッサージ方法も予防方法の一つです。

どの方法を選ぶかは、マッサージする人に適している事、長く続けられる点等が条件になります。不快感を感じず、むしろ気持ち良さがあれば続けられるので、結果的に膨らむお腹を優しくケア出来ます。

皮膚の回復力を信じてケアを続ける事は、お腹に妊娠線を作らない基本的な対処法です。

もし、妊娠線が出来てしまった場合

出産した後には、お腹のボリュームが減少したり、伸ばされた皮膚が縮む変化が起こります。お腹の皮膚は、縮む時に弛みを作りますし、皮膚に線やシワが出来る事があります。症状によっては、時間と共に目立たなくなりますが、強い変化の場合は妊娠線として残ります。

原因に対する予防法はあるものの、完全な対処法はないので、目立たなくても跡が残る事は珍しくありません。お腹に線が出来てしまった時は、症状の原因に合わせて治療を始める事が大切です。医療的な対処法としては、レーザーや美容機器の使用で目立たなくする方法があります。どちらも専門的な治療法なので、自宅で気軽に行う事は出来ませんが、自己対処よりも治療の可能性は高くなります。
妊娠時の予防と出産後の治療を行う組み合わせは、症状を軽く目立ち難くする現実的な選択肢です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る