なぜ妊娠線予防をするの?

妊娠線という言葉をマタニティ雑誌などで初めて知ったという人も多いのではないでしょうか。そして多くの女性が妊娠線予防のために努力しているということも、初めて知ったのかもしれません。

妊娠中の女性がこぞって妊娠線予防に努めるのには、理由があります。それは出産後時間がたてば少しずつ目立たないようになるとはいえ、綺麗に消えてしまうというものではないということです。出産後になってから増えてしまった体重は努力によって戻すことが可能です。しかしながら一度できてしまった妊娠線は完全には消し去ることができないといわれています。

つまりお肌のシミを予防するのと同じで、できる前に予防するというのが多くの人の考え方なのです。消えないからこそ、作らないということがポイントになっているのです。

妊娠線はどうして消えないの?

妊娠線というものは表面だけの変化としてとらえられがちですが、実は皮膚表面におきている変化だけではありません。皮膚の表面よりも深いところにある真皮層という部分にも亀裂が入ってしまった状態のであることが多いのです。

一般的にお肌は周期的に生まれ変わるということが知られているため、時がたてばなくなるようなイメージがあるかもしれませんが、これは皮膚表面のことです。その内部、つまり根本に当たる部分にまで亀裂が入った状態になってしまうのですから、これを修復することは困難なのです。肌を作り出す基礎部分が壊れてしまっては、どうにもならないと言うことができます。大きな切り傷や手術痕が消えないのもこれと同じ理由からです。

特に妊娠線の場合は引き裂かれたような状態になっていますから、一層修復が難しいといえるでしょう。

あっちなみに、正中線 消し方っと探している方は安心して下さい。正中線は自然に消えますので!

妊娠線は消えないからこそ予防しよう

お肌を作り出す基礎部分にまでダメージを与えてしまう妊娠線ですから、まずは作り出さないようにすることが最善策であるといえます。そのためには急激な体重増加をおこさないようにしっかりと自己管理をすること、またお肌の柔軟性を失わないようにボディケアに取り組むことが必要です。

妊娠線は一度できたら消えないとはいえ、時の経過とともにある程度目立たなくなることもわかっています。一度できたら消えないからといってあまり神経質になるのはお勧めしませんが、正しい知識と理解をもって予防に努めたいものです。

万が一できてしまったとしても、十分にケアした上であれば、そう深刻なものにならない可能性が高まります。ストレスの多い妊娠中だからこそ、無理のないように予防に取り組みましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る